女性だから心配ないとは言えない生活習慣病

生活習慣病になってしまったらどうしようと心配になっている人に

誰もがかかってしまう可能性があります

糖尿病、高血圧、脂質異常症などは生活習慣が起因となって起こる病気です。そして誰もがかかりうる病気です。生活習慣の乱れによって静かに身体の中で進行しています。
そして、かなり進行が進むまで気づかないケースがほとんどです。
まずは、自分の年齢と年齢に合わせ体調基準を知っておくことが大きなキーポイントです。
更年期に差し掛かる女性は大きな節目を迎えます。閉経です。
ホルモンバランスが変化し、脂肪燃焼がしにくい身体になります。
20代と同じ食事ではどんどん身体に脂肪を蓄積してしまうという訳です。
ぽっこりお腹にならないように、食事内容を考えてみてください。
代謝が下がってしまいますので、適度な運動で代謝を上げることにもチャレンジしてみてください。

原因追求、体調管理が大事

仕事や子育てと同じように、自分の大事な身体のことにも真摯に向き合いましょう。
そしていつまでも若い時と同じようにできると思わないこと。
更年期を迎える女性は、それまで頑張ってきた自分の身体に感謝をして、これからは無理をかけないように心がけますから、一緒に末長くよろしくねと考え方をシフトしなくてはいけません。
20代、30代と同じような生活をすることはもう無理ですので、食事、睡眠、運動をあなたの年齢に合わせて組み合わせてください。食べ過ぎない、寝過ぎない、運動し過ぎないが心がけるポイントです。
けれどもしも、糖尿病や、高血圧、脂質異常症にかかってしまったかもと思ったら、すぐにお医者様に相談しましょう。
的確な治療できめ細やかな指導、あなたにぴったりの投薬をしてくれるはずです。
しっかりと向き合って治すことが賢明です。


この記事をシェアする