生活習慣病に効果のある薬物療法の種類

女性だから心配ないとは言えない生活習慣病

男性に限らない、要因となっている生活習慣を考えます

男女雇用機会均等法によって、女性も男性と同じように働くことが出来るようになりました。 結婚、出産、子育てを経験し、仕事に復帰した女性のバイタリティは素晴らしく、強さを感じます。 部下を持ってバリバリ働くキャリアウーマンも大勢います。 まだまだこれからという50代、閉経を迎え一気に生活習慣病になりやすくなってしまいます。

女性も男性と同じように仕事をしています

女性の社会進出が目覚ましくなってきました。
女性の頑張りが認められてきたということです。
結婚、出産、子育て、保育園問題、仕事復帰、時短勤務。
様々な体験を経て、キャリアを積んでいくのです。
当然ながら男性と同様の結果を求められます。その期待に応えようと必死になります。
ふと気がつくと、ある程度の地位は確保したものの、もう更年期です。
少しずつ代謝が下がっているのは感じていたものの、最近飲み会が続いたからだわときつくなったスカートのファスナーを上げる。
そこで気づいて欲しいのです。
女性ホルモンは減少しているのです。
更年期を迎えると代謝は一気に下がり、さらに食欲を増すホルモンが分泌されてしまうのです。
男性がかかる病気だとたかをくくっていた女性の皆さん、ピンチです。
実は女性も生活習慣病にかかる率が増えているのです。
糖尿病、高血圧、脂質異常症、それらに伴って、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、腎臓疾患、動脈硬化、肝硬変、がん。
最初は全く気付きません。ひたひたと病気の影が進行していくのに私たちは気づかないのです。
長い時間をかけて進行した病気は自覚症状が出る頃には、深刻な状態になっていることが多いのです。
そうなってしまうと、せっかく築き上げた仕事もプライベートも今までと同じようにはできなくなってしまいます。
そんなことにならないように、まずは自分の身体と真摯に向き合うことが必要です。
お腹周りに脂肪がついてきたなと感じたら、食生活の見直し、適度な運動など生活習慣の改善を考えなくてはいけません。
自分自身に素直に向き合い今の現実を認めることから始めます。
この年齢だから考えられる、これまでの経験があったから変えることができる自分がそこにはいるはずです。

もはや男性よりも飲むと言われている女性の飲酒がもたらす病気

飲酒は男性よりも女性が強くなったと言われていますが、本当はどうなのでしょうか。 最近の社会状況を鑑みますと、女性も男性と同じように社会進出するのが当たり前になってきました。 女性だからという甘えは許されない時代です。 接待、上司のご機嫌とり、同僚とのコミュニケーション。飲み会が貴重な場になってきます。 体調管理はおろそかになりがちではないでしょうか。

生活習慣病になってしまったらどうしようと心配になっている人に

誰もあなたの身体のことをあなたほど考えてはくれません。 あなたがあなたの身体をないがしろにしたら、誰もあなたの身体を大事にする人はいなくなるのです。 若い頃と同じではいけません。代謝はどんどんと下がってきているのです。 病気になる前に病気にならないよう心がけましょう。 けれど、もしなってしまったら、真摯に病気と向き合う決意が必要です。